観葉植物の効果効用

観葉植物が持つ様々な効果をご紹介。

観葉植物レンタルTOP > 観葉植物の効果効用

観葉植物の効果効用

観葉植物と環境や健康についての関係をまとめたデータやレポートをご紹介しております。

オフィスの中で起こっていること

マイナスイオンと観葉植物

イメージ写真

ある時期、流行語のようによく耳にした言葉のひとつに“マイナスイオン”があります。

某テレビ局の人気番組でとりあげられたことが火付け役となったようですが、現在同番組は、紹介したいくつかの実験データ捏造を指摘され、放送打ち切りとなってしまいました。

当時、同番組でとりあげられたマイナスイオンとプラスイオンに関する内容は、おおよそ以下の通りです。

『空気中のプラスイオンは、排気ガスや工場の噴煙、電化製品などから発生するため、現代社会では年々増加傾向にあり、それが原因で、マイナスイオンが激減している。

この空気を吸うことで体内中のプラスイオンも増え、集中力の低下、物忘れ、イライラの原因等につながるため、体内プラスイオンを可能な限り除去し、マイナスイオンを意図的に取り込む必要がある。』

その際、プラスイオンを除去する方法例としては、排気ガスの少ない『早朝の掃除』の奨励、『電化製品不使用時のコンセント取り外し』等が挙げられていました。

また、マイナスイオンを取り込む方法としては、『大量の水と水とがぶつかり合う(シャワールーム・銭湯・サウナ・噴水・滝等の)場所へ足を運ぶ』こと。

加えて、『観葉植物』が大きく取り上げられ、その設置が推奨されていました。

『観葉植物』の中でも、特にサンセベリア・ローレンティー(俗称;虎の尾)がマイナスイオン発生に効果が大きいとして放送されたため、観葉植物業界では、一時、サンセベリア・ローレンティー(俗称;虎の尾)の売り切れが続出する等、ちょっとした事件となりました。

以来、サンセベリアは根強い人気がありますが、従来より、マイナスイオン発生の効用について、サンセベリアが特別優れているという実験データは乏しく、植物全体で捉えた場合も、マイナスイオン発生は、植物がもつ能力のほんの一部に過ぎないと、私たちは考えてきました。

そうした見地から、『観葉植物=マイナスイオン』という短絡に陥らないでいただきたいという願いも込めて、このレポートでは、観葉植物の本来の効果・効用を、改めて、深く掘り下げ、特にオフィス環境改善のための検証を試みていきたいと思います。

シックビル症候群に対する日本の取り組み

グラフ:各国の室内環境でのホルムアルデヒド気中濃度のガイドライン

前項のマイナスイオンは、自宅・オフィス等いずれを問わず話題となった言葉ですが、特にオフィス環境に関わる現代社会の問題として、良く取り上げられる言葉に、「シックビル症候群」があります。

「シックビル症候群」とは、ビル内で働く人々が、頭痛、めまい、眼・鼻・喉の痛み、粘膜・皮膚の乾燥等の身体の不調を訴えるさまざまな症状の総称とされています。

1980年前後から欧米のビルを中心に多く発生が報告され、当初それは、省エネ対策のため気密性を高くしたビルが増え、全館空調システムで換気量が減少したことに、起因するとされていました。

最も大規模な被害として知られているのは、1976年アメリカ ペンシルバニア州フィラデルフィア市内のホテルで、29名が死亡する結果となった悲惨な事件です。 このホテルの空調設備(エアコン)フィンに結露した水からカビが発生し、その菌がビル内を漂ったため、この惨事が起こったとされています。

その後、この菌はレジオネラ菌と判明し、「シックビル症候群」の名を全世界的に広める大きなきっかけとなります。この事件を機に、ビルの気密性は、確かに滞留している空気を包み込んでしまう悪の温床とも言うべき役割を果たしてはいますが、最大の原因は、室内に発生する有害物質そのものにあるということが明らかになり、これまでの換気不足がすべての原因という概念を覆すこととなりました。

レジオネラ菌の大量発生にはいくつかの要因が複雑に絡み合った、いわば特異な例でしたが、この「シックビル症候群」の怖さは、もっと単純な症状-「どことなく、なんとなくの身体の不調」が慢性化し、場合によっては(遺伝子障害にまで及ぶ)蓄積という形に至るということにありました。

現在わかっている主な有害物質とは、ビルの建材、壁紙に使われる接着剤、床のワックス、洗剤、カーペットの接着剤、カーテンの防虫防炎加工剤、コンピューター・ファクシミリ・コピー機などの稼動中発散物質などで、前項のプラスイオンが室内で増える原因は、実は、この有害物質や空気中の塵がプラスのイオンに帯電しているからと考えられています。上の右図を参照して下さい。

欧米諸国では、随分前から、こうした建材などから拡散する可能性があるVOC(揮発性有機化合物)VVOC(高揮発性有機化合物)に関する研究が、盛んに行われてきました。

国によってはWHO(世界保健機構)の勧告値にあわせて、自国のガイドラインを作成し、国を挙げてのこの件に関する国民健康の保持に、一定の配慮を見せています。

一方、日本では、ホルムアルデヒドについては、国土交通省の建築基準法改正により、2003年7月に指針値が設定され、VOC(揮発性有機化合物)については、厚生労働省が葉発表した2004年5月の改正大気汚染防止法改正により、主要な排出施設への規制が行われることとなったばかりです。

さて、話を、実際日々の業務が行われているオフィスに戻します。

ここまでで既にお気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事の中心がオフィスの中だけではなく、外回りが中心という方々には、この室内有害物質の影響は案外少ないのかもしれません。言い換えると、内勤の時間が多い方々にこそ、その影響は大であるとは言えないでしょうか。次の記事をご覧下さい。日本でも遅まきながら認めざる得なくなった、新しい労働災害のはじまりでした。

写真:毎日新聞 平成14年6月11日火曜日 朝刊一面


* レジオネラ菌・・・日本では冷却水水質検査の結果、97.7%の施設でレジオネラ菌が検出されている。 (大阪府立公衆衛生研究所調べ)

* VOC(揮発性有機化合物)・・・常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の 総称でトルエン、ベンゼン、フロン類、ジクロロメタンなど洗浄剤や溶剤、燃料として、産業界で幅広く使用されている。しかし、大気や水質などへ放出されると、公害や健康被害を引き起こすことから問題視されている。

* VVOC(高揮発性有機化合物)・・・VOCが常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質を指すのに対し、沸点0℃以下から50℃~100℃で揮発するものを言う。ホルムアルデヒドはこの分類となる。

↑このページのトップへ

観葉植物が持つ様々な効果

観葉植物には具体的にどんな効用・効果があるのか?

観葉植物にはマイナスイオン発生だけではなく、具体的にどんな効用・効果があるのかを詳しく見ていこうと思います。

まずは、オフィスと観葉植物の関わりについて、その歴史を少しふりかってみます。

世界経済が戦後の恐慌から完全に脱した言われる1970年代前後、この頃からアメリカの大企業では、すでにオフィスに観葉植物を置くことが一般的に行われるようになり、瞬く間にオフィス街を中心に広がっていきました。

もちろん日本でもホテルのロビーや、レストランなどを中心にそれ以前から植物を部屋の中へ取り込むことが一般化しつつありました。

しかし、このアメリカでの観葉植物一大ブームは、店舗入り口でお客様への歓迎の気持ちに代えてという、日本での歓待や装飾の意味合い、動機とは少々趣を異にしていました。

それは一枚の記事が発端であったと言われています。

見出しは“植物は欠勤者を減らし、モラルを向上させ、生産性を向上させる!”といった感じのものであったようです。

前章の病んだ建物(シックビル)が社会問題化する10年近くも前の話です。

一方日本ではその頃、産業の発展に躍起になって、経済大国への道まっしぐらの時代です。

では何故、アメリカでは一枚の記事がこれほどスムーズに受け入れられたのでしょうか。その答えはおそらく“ストレス” です。

“ストレス”とは、言うまでもなく精神的な圧迫感によって起こる心身の歪みです。

この頃のアメリカでは、労働者たちに少しずつ拡がりつつある“ストレス”が、職場でのモラル低下、出社拒否を招き、いずれは、生産性向上の足かせになる日をすでに予見していたとも思われます。

さて、それではいったい植物のもつ精神的・心理的効果とは一体どんなものなのでしょうか。

視覚疲労回復効果

グラフ:視覚疲労回復効果

まず良く知られているものとして、視覚疲労の回復効果があげられます。

次のグラフを見て下さい。

植物が全くない環境(無刺激条件)、鉢植えの植物を持ち込んだ環境、造花(模造品の緑)を持ち込んだ環境の3通りの条件で、6時間の労働をした場合の視覚疲労と、回復度合いを計測したものです。

緑が目に入るところでの仕事と、そうでないところでの疲労度の違いは一目瞭然と言えます。また、同時に造花による緑ではあまり効果がないことも下記のグラフは示しています。


心理的騒音低減効果

緑視率と心理的騒音低減効果量
心理的騒音低減量
50% 50.1~4.3%
79% 1.7~5.8%
93% 2.8~7.0%
100% 9.7~13.8%

最近の研究では、緑が目に入る環境、つまり、緑視率が高いほど、心理的騒音低減効果も増加することがわかってきました。

心理的騒音低減効果とは、実際聞こえている音より、緑が目に入る環境では、うるさいと“心”が感じなくなる、または低減されるという効果です。

キャンプに出かけ、早朝、森を散策する時など、川のせせらぎの音や小鳥のさえずりを、うるさいと感じる人がいるでしょうか。それと同じような意味合いがあると考えられます。

つまり “リラックス”している状態だということになります。

アフリカのジャングルに祖先をもつ私たち人間が、緑を見てリラックスするのは、遺伝子に組み込まれた当然の反応だとする学者もいます。

この緑視率と“リラックス”の関係は、脳波のうち精神安定状態を示すアルファ波の研究によっても実証されつつあります。

植物が目に入る環境では、アルファ波が増幅される。

その結果、血圧が低くなり筋肉の緊張がほぐれ、皮膚の電気抵抗が少なくなる。そして心拍数が減少する。

“リラックス”してしまうのです。

こうしたストレスの低減作用は、一般に植物の持つ“心理的効果”“生理的効果”と言われています。

湿度調整効果

さて、前項のストレスを低減してくれる “心理的効果” “生理的効果”(リラックス効果) だけではなく、植物は、さらにその実力を発揮する劇的な個性をまだまだ備えています。

その一つは“潤い”です。

突然ですが、現在のお部屋の湿度は、適切であるかどうかご存知でしょうか。

暑いときも寒いときも一年を通してエアコンに管理された部屋の中にいると、それだけで、湿度も適切な状態で保たれていると、多くの人が勘違いしてしまいがちです。

しかし、エアコンで冬場の室温を20℃以上に上昇させると、相対湿度は20%台を切ってしまい、逆に夏場、除湿機能を使って湿度を下げると、同時に気温も2~3℃上がってしまうという実験データが某家電メーカーにあります。

室内の相対湿度が乾燥状態の30%前後になると、目・鼻・喉などの粘膜に影響がではじめ、風邪や乾燥肌の原因に直結すると言われています。

室内での快適な相対湿度の範囲は50~60%と言われていますので、空調機器に任せきりで、室温調整メインの室内環境づくりだけでは、本当の快適さは得られないと言っても間違いではないでしょう。

次のグラフを見て下さい。

第1図 植物の有無が室温の変化に及ぼす影響

第2図 植物の有無が室内の相対湿度に及ぼす影響

この実験は、室内に観葉植物(シェフレラ“ホンコン”)を置いて室内温度変化(第1図)と相対湿度変化(第2図)を調べたものです。室内温度の変化には、ほぼ影響は与えていないにしろ、相対湿度の方は、ほぼ快適値に維持する効果が出ている様子がうかがえます。

* この実験では明らかにされていないが、同時にフィトケミカルという植物が作りだす化学物質が、カビの胞子を抑制し、植物を置かない部屋よりも50~60%も軽減したという研究発表もある。

その他の効果

その他、植物は葉面から蒸散する水分が、夏は気化熱を奪うことによって気温上昇を抑え、冬は熱を放出して気温の低下を防げるスプリンクラー効果。

また、戸外では、植物の有無によって周辺の気温が3~5℃も変化すると言われている緑陰効果などが挙げられます。このふたつの効果については、室内でも充分発揮することできるかどうかが、今後の研究に寄るところが大きい内容です。

誰も言わなかった観葉植物のホントの効果効用

“いのち”のための研究

植物を室内に取り入れることによって生まれる代表的な効果を、概ねご理解いただけたかと思います。

しかし、実は本題はここからです。『オフィスの中で起こっていること』で取り上げました新建材やOA機器、壁紙に使われる接着剤などから発生する有害物質の数々をはじめ、室内の空気汚染を、植物の力でどこまで緩和することができるのか…。

最も気になる植物の持つ有害物質の除去・空気浄化の力について、その是非を検証していきたいと思います。

発端となったエピソード

イメージ写真

そもそも、観葉植物と室内の有害物質の除去・空気浄化効果との関係が再認識されるきっかけとなったのは、遠い空の彼方に向かう宇宙船の中のことでした。

1989年、NASA(米航空宇宙局)が発表したレポートの中で、鉢植え植物は、室内の汚染物質の除去にかなり重要な働きをすると言うことがはじめて報告されました。

それまでは、宇宙船内の空気汚染をどのように解決するかについて、その濃度を薄める“換気”という手段を、いかに効率よく行なうかに労力を費やしてきました。

しかしながら、宇宙船の中では“換気”が思うようにできるはずもありません。

この難題にぶつかったNASAでは、それでもこの長旅が、乗組員たちに快適で、本来の目的を遂行するに足る良質の船内環境のもと実現できるよう、また将来、宇宙空間で生活ができる可能性を夢見て、この研究を続けました。

そして、彼ら乗組員たちの生命維持システムの開発途中、偶然、鉢植え植物の持つ有害物質の除去・空気浄化効果に、その可能性を見出しました。

乗組員たちの“いのち”を守るための研究のプロセスにおいてです。

このことを機会に、観葉植物(鉢植え植物)について、様々な分野での研究がはじまることになりましたが、実はこの観葉植物と有害物質の除去・空気浄化効果との関係には、現実、耳にする声に、多くの思い違いもあります。

例えばこんな風に…。

「植物に空気浄化能力があるのなら、観葉植物にこだわらず、花(切り花)をたくさん飾った方が、邪魔にもならず、喜ばれる。」

「室内に置くのだから、ハイドロカルチャーに植え込んだ植物の方が軽いし、清潔でいい。」

「枯らしてしまうと嫌なので、空気浄化なら光触媒の観葉植物(造花)で充分。」

例えのような植物でも、第二章で紹介いたしました様々な効果(心理的効果・生理的効果等)なら、ある程度、期待できる可能性はあります。

しかし、残念ながら有害物質の除去・空気浄化という点においては、実のところ、上記のような例は、ほとんど効果がないと言ってよいでしょう。

* 光触媒については、科学の夢とされている「人工光合成システム」の構築が実現できれば、その効果の是非は問えるが、2001年12月6日独立法人産業技術総合研究所が、「人工光合成システムで、可視光による水の完全分解に成功」したことを発表した中で、現状の変換効率は(自然界で当たり前に行われている営みの比ではないほど)低く、研究が進むことでの将来への期待で、締めくくっている。

土の中の“パイオニア”

それでは、現時点での研究からは、いったいどういう状態の観葉植物なら、その効果が期待できるとされているのでしょうか?

グラフ:植物によるホルムアルデヒド浄化度合い

結論から先に申し上げます。

目的が有害物質の除去・空気浄化となると、「植物が育っている土」がないと、その働きに多くの期待は寄せられないのです。

つまり、植物の葉や根は確かに前出の有害物質を吸収し、きれいな空気を送り出してくれますが、実際は、その土から、より多くの有害物質を吸収しており、正確に言うと、土中の“有用微生物”こそが、本当の有害物質除去の“パイオニア”なのです。右のグラフを見て下さい。

これは、代表的な有害物質ホルムアルデヒドが、3種類の室内環境の中、48時間でどのくらい減少していくかを実験し、その結果をグラフにしたものです。

3種類の室内環境とは、

  1. 1)何も置かない
  2. 2)有用微生物が存在する土のみを置いた
  3. 3)有用微生物が存在する土に植物が植わった鉢を置いた環境です。

1)の何も置かない環境では、空気中の分解・意図的でない換気等による自然減少が若干見られますが、2日経っても、ほぼ高濃度のままであることがわかります。

2)の有用微生物が存在する土は、最近まで植物を育てていた土を表しますので、3)の、実際植物が植わっている鉢を置いた状態ほどではありませんが、かなりの浄化効果が見られます。

換言いたしますと、2)の環境で残ったホルムアルデヒドから、3)の環境で残ったホルムアルデヒドを差し引いた量が、葉や根による吸収効果であると考えられ、空気浄化の働きは、やはり有用微生物が主であると言う見方ができます。

では一体、土の中の有用微生物とは、どんな働きをしているのでしょう。

ここで言う有用微生物とは、自然界にある乳酸菌、酵母菌、光合成細菌などを培養して共生させた善玉菌で、EM菌、BM菌等と呼ばれ、現在では植物生産農家などで、広く用いられています。

これらの菌は、効率的に汚染物質を除去していくだけではなく、驚くことに汚染物質にさらされれば、さらされるほど、それに適応して数が増え、有害物質の除去率も飛躍的に増加させる力を持っています。

さらに、結果として、除去されたかのように見えるこのホルムアルデヒドなどの汚染物質は、実はこの有用微生物が生物分解し、植物がその生育のために利用できる物質にまで変えてしまいます。

つまり、除去されたのではなく、有用微生物が汚染物質を植物の栄養になる物質に、“リサイクル”してしまったのです。

誰も言わなかった観葉植物の効果効用

そこで、簡単にこれまで記述したことを振り返ってみたいと思います。

第一章では、室内環境に関わる比較的馴染のある言葉して、「マイナスイオン」と「シックビル症候群」を取り上げ、オフィス内の環境改善の必要性を一考していただく足がかりになればと、時事も含め解説させていただきました。

続いて『観葉植物が持つ様々な効果』では、身近に感じていただける観葉植物の具体的な心理的・生理的効果を列挙させていただき、箇条書きにして整理しました。

そして、『誰も言わなかった観葉植物のホントの効果効用』ではいよいよ本題であるオフィスにおける有害物質の除去と空気浄化について、土に植えられた観葉植物が、どのような有用性を持っているかを客観的に見てきました。

そこで、このまとめの項では、植物に携わる者から見た、植物との付き合い方を、誰もこれまで表現しなかった表現方法で、記述させていただきたいと思います。

ところで、先ほどから引き合いに出している有用微生物は、植物が葉や根から吸収した有害物質をもエサにしています。

そして、植物もまた、有用微生物が作り出した物質から、自身の成長を助ける栄養を補充しています。

土とそこに住む有用微生物だけでも、光合成を行う過程で、取り入れた汚染物質を土中に送り込む植物だけでも、本当の意味の浄化は成り立たちません。

このことは、いったいどう表現すべきでしょうか?

私たちは、有用微生物と植物とは、他ならぬ“共生”の関係を図っていると考えます。

“共生”

大自然の中で何万年も、何億年も繰り返されてきた、食物連鎖を据え付けた

この“共生”の関係を、オフィスに取り込むことが、空気浄化の本当の意味だと私たちは考えます。

そして、これだけ科学が発達した現代でも、このような身近な環境問題を、結局、植物に緩和してもらうことが最も有効である現実を考える時、私たち人間も、やはり自然の営みや植物が存在しない状態では、生きづらいことを改めて考えさせられます。

自然界で営まれてきたこの創大な生態系を、隔離された室内で、精神面をも含む、効用に変えて行こうという試みは、まだまだはじまったばかりです。

そのパートナーのひとつとして、白羽の矢をたてられた観葉植物たちは、今後どこまで、私達の期待に応えてくれるでしょうか。

そして、こちらから“共生”を願いでた同じ生き物として、彼ら彼女らの気持ちに、私たち人間が、今後どれだけ応えることができるようになるでしょう。

エコロジーというより、自然にとって、地球にとって、人間だけを中心に据えた考え方に基づくエコノミックな環境改善は、消費社会と、どこかで手を切れないまま進められていく気がしてなりません。

いずれにしても、私たち人間が、まず、自然や植物に生かされているという共生思想を醸成させなければ、常に新しい問題に直面し続け、同じ失態を何度も繰り返すことになるのではないでしょうか。

[ 参考文献 ]

  • 1) B.C.ウォルヴァートン著 株式会社主婦の友社出版「エコ・プラント」
  • 1) 社団法人 日本インドアグリーン協会発刊「室内環境を彩り飾る緑の力NO.2」
  • 1) 社団法人 日本インドアグリーン協会発行「園芸装飾必携第2章第1節第2項『室内環境や心身に対する植物の影響』(松尾英輔著)」
  • 1) 2.Justnet.ne.jp/~bmtt/mcb120j.htm 「微生物農法2」
  • 1) murax.co.jp/cleanair/cleanair1.htm 「観葉植物の効用」
  • 1) 齊木崇人著「『東アジアの風水思想』と集落の立地選定-陸巷を支えるエコ・システム」
  • 1) 三宅晋司著「職場における観葉植物―そのイメージと効果-」
  • 1) toppy.health.uoeh-u.ac.jp/myk/PERL.HTM「環境心理学研究室」
  • 1) 「発掘あるある大事典 第141回『休息』2.日本人の休息に欠かせない!イオンパワーを大検証!」
  • 1) 菅原明子著「マイナス・イオンの秘密」
  • 1) 能登春男・第5回日本臨床環境医学会研究発表
  • 1) infosite.ne.jp/kankyo/allergy/sick.html/「あれるぎーのお話」
  • 1) 産経新聞 H14.5.22掲載記事「シックハウス症候群 診断基準を作成」
  • 1) 仁科弘重著「グリーンアメニティ~植物による快適環境の創出」
  • 1) 大阪グリーンサービス協同組合刊 貸植木マニュアル

↑このページのトップへ